WOOD AC

NPO WOOD AC特定非営利法人(NPO)WOOD AC

「より良い木の住まい」というテーマのもとに集まった、住まいづくりのプロ集団です。

木の住まいは今、我が国の林業低迷による木材自給率の低さ、構造や安全性へ不安、寿命の短さ、省エネルギー対応など、今後解決しなければならない様々な問題を抱えています。

多岐にわたる様々な情報や技術を収集・発掘し、より分かりやすく発信することで、山から町まで、木の住まいづくりに携わる様々な人たちをサポートするとともに、情報交換の輪をつなぎながら、より良い木の住まいを増やしていくこと、これが私たちWOOD ACの最大の目的です。

1.    国産木材の需要拡大
国土の6割を占める我が国の森林では、木材が使われないことにより林業が低迷し、山が放置され、戦後植林された樹木の蓄積量が年々増加し過密化した山では、災害も起こっています。世界では毎年日本の国土の1/3の森林が減少しています。私たちの消費している木材を、国産材にシフトすることが急務です。

2.    温室効果ガス排出量の削減
地球温暖化の原因は、私たち人間の仕業であることが明らかになりました。台風の巨大化や海面上昇から動植物への影響など、地球環境や生活に甚大な影響を及ぼす地球温暖化を食い止めるため、身近な住まいづくりや生活においても、確実な温室効果ガスの削減や、省エネルギーの実施が求められています。

3.    住宅の長寿命化・優良な住宅ストックの形成
私たちの暮らしている住まいの平均寿命は30年程度で、依然として我が国では、建てては壊すという住まいづくりをしています。無駄のない資源循環型社会を目指すためには、住宅の寿命を延ばすことや、中古住宅の普及など、より良い住宅ストックを形成していくことが必要です。

資料請求ボタン
あだちの家とは。
あだちの家の家づくり。
あだちの家は約束します。
施工事例ボタン
あだちの家が建つまでの流れ。
あだちの家の住宅講座ボタン
加盟団体