天床先ばり工法

天床先ばり工法一般的な木造住宅では、構造計算をせずに建てているため室内にも構造の耐力壁が存在することが多くなります。なので、壁などをつくった後に天井や床をはることになります。しかし、このやり方では将来のリフォームや間取り変更が大変やりにくくなってしまいます。また、工程が増えるためコストアップにもつながります。

当社の建てる住宅は、構造計算により明確になくてはならない柱や壁というのが分かります。設計の工夫により、できるだけ室内に耐力壁を設けないということも可能です。

そこで、天井と床を先にはり、後から間仕切り壁を立ち上げる方法を考えつきました。

一覧ページに戻る >>

資料請求ボタン
あだちの家とは。
あだちの家の家づくり。
あだちの家は約束します。
施工事例ボタン
あだちの家が建つまでの流れ。
あだちの家の住宅講座ボタン
加盟団体