移住・住みかえ支援機構

移住・住みかえ支援機構正式名称を「一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(略称:JTI)」といいます。

平成18年4月に設立されたこの団体は、主にシニア(50歳以上)のマイホームを借上げ賃料保証するために設立されました。

若い頃に建てる家は、通勤や通学の利便性が求められ、子ども部屋なども必要です。しかし、定年退職となり子どもも成人し巣立つと、求められるものはまったく変化してしまいます。

そこで、いま住んでいる家を売って駅近のマンションに移ろうとした場合、日本の現在の家は約20年で資産価値がゼロになってしまいます。となると、ほぼ土地の値段でしか売れませんし、売るタイミングが難しいのです。

一方、移住・住みかえ支援機構のマイホーム借上げ制度を利用すると、市場相場よりやや低めの賃料となりますが一度借り手があった後は賃料保証を受けられます。

一覧ページに戻る >>

資料請求ボタン
あだちの家とは。
あだちの家の家づくり。
あだちの家は約束します。
施工事例ボタン
あだちの家が建つまでの流れ。
あだちの家の住宅講座ボタン
加盟団体