C値

気密測定器相当隙間面積のことをC値(しーち)といいます。【単位:㎠/㎡】

これは、家のいろいろなところの隙間をすべて足し算し、それを延床面積で割った数値です。

つまり、C値が小さければ小さいほど隙間が少なく、熱も逃げにくいといえます。すきま風の入る余地がないともいえます。

現在、建築基準法でも換気回数が決められています。

計画換気といいますが、換気経路や換気量を厳密に計算していますので、C値が小さいほど計画通りの正しい換気となります。

測定は実地で行われ、写真のような機械で家の中の空気を外に排出することで計測します。

一覧ページに戻る >>

資料請求ボタン
あだちの家とは。
あだちの家の家づくり。
あだちの家は約束します。
施工事例ボタン
あだちの家が建つまでの流れ。
あだちの家の住宅講座ボタン
加盟団体