「あだちの家。」の家づくり。

住生活全体を設計する・・・それが「あだちの家」の家づくり

家族の一生を幸せにする家づくり

「住まい手とそのご家族の一生を幸せに・・・その為に必要なことはなんだろう?」

それは、私たちがつねに考えていることであり、これからも追求していく「あだちの家」の根源です。

つねに考えているからこそ、今までの数多くの経験から「住まい手の幸せのために欠かせないこと」をたくさん見つけることができました。

そんな発見から生まれたのが、「あだちの家」の基本設計コンセプトである「住生活全体を設計する」ということです。

新しい住まいで生活を始めると、いろいろな「モノ」や「コト」との関わりが生まれます。

住生活とは、住まいを中心に展開される生活そのものです。家そのものだけでなく、住生活全体を考えることが住まい手の幸せにつながると、私たちは思い至りました、

そこで、「あだちの家」の設計基本コンセプトを「住まい手の住生活全体を設計する」としたのです。

これまで工務店と言えば、どちらかというと家を建てる職人の集団というイメージがあったのではないでしょうか。しかし、このところ世代交代もすすみ、新しい感性で家づくりをする工務店が増えていると実感します。もちろん私たちもその一つです。

1. 3つのデザインを考える。

「あだちの家」基本設計コンセプト

3つのデザイン

3つのデザイン

あだちの家のプランは、基本設計コンセプトである「住生活全体を設計する」に沿ってつくられていきます。これは大きく分けて、「空間デザイン」「パッシブデザイン」「ライフデザイン」の3つのデザインで構成されています。

空間デザイン

手描きパースや模型を活用します

空間デザイン

空間全体をデザインすることで、「無意識に感じる居心地の良さ」を実現する。

パッシブデザイン

日射遮蔽

パッシブデザイン

自然の光・風・熱を効率よく取り入れ、設備や機器に頼らず快適に過ごせる、「自然と共生する住まい」を実現する。

ライフデザイン

ライフサイクルコスト計算します。

ライフデザイン

住宅ローンや各種保険、お子様の教育費などの経済的負担の軽減をともに考え、また、さまざまな生活状況の変化に対応できる設計や、周辺環境との関わり方などを通し、住まい手の将来を見すえながら、住まい手の「あなたらしさ」を実現する。

2. 空間デザイン

住まい手が無意識に感じる居心地の良さ。

手描きパースや模型を活用します住まいの中で居心地のよさを感じることは、日々の生活(無意識)の中にあると私たちは考えています。無意識の中で感じる居心地のよさを、私たちはつねに追求し、より長く愛着を持って頂ける住まいをご提案します。

たとえば、リビング(LD、LDK)などが、敷地の制約や予算の関係などであまり広くできないとしても、少しでも広く感じられ、のびのびと過ごせるような間取りに工夫する。

どうしても位置をずらせない窓から見える景色が、景観を損ねるような場合は、植栽により緑の景色を作る、などが考えられます。

空間デザインは、住まい手の心を豊かにする設計です。

心地いいを探す。

長く愛着の湧く住まい旅行やドライブなど、普段と違う場所の風景に心地よさを感じることはよくあります。しかし、住まいの中で常に心地いいと感じる人はそんなにいないのではないでしょうか。だけど、住まいの中にも「心地の良さ」は確実に存在すると、私達は考えています。

それが「長く愛着の湧く住まい」でもお話しした、「なんとなく」という言葉。

住まい手とのお話の中から出てくる「なんとなく」から、住まい手が求めている「心地の良さ」に繋がるヒントを私達は常に探しています。

居心地がいい場所をつくる・・・空間デザイン

住まい手の「心地の良さ」へのヒントを見つけても、それは「なんとなく」の言葉の通り、まだ曖昧なものです。そしてここからが私達プロの仕事。

ヒントを元に、「心地の良さ」の原因を追及します。それは景色から来るものなのか、広さなのか、または動線なのか、それらをまとめ、「心地の良さ」を「居心地のいい場所」へと変えていきます。

動線を考える

プランの中でもっとも大事なことであり、もっとも難しいことでもあるのが動線計画です。

快適な動線は、住まい手の無意識のなかにあり、不快な動線は意識的に感じ、住まい手のストレスの原因になるものです。それは「居心地の良さ」にも大きな影響を与えるため、プランニングの中でも最重要検討事項として、動線計画を位置付けています。

具体的には、ヒアリングから、住まい手とご家族様の生活パターンをお聞きし、家事動線から、生活動線、そしてくつろぎ動線から外出・帰宅動線まで、順を追って、動線プランを作成します。

 

1. 買物・炊事動線

動線計画(買物・炊事)

動線計画(買物・炊事)

 

2. 食事動線

動線計画(食事)

動線計画(食事)

 

3. 洗たく & 4. そうじ動線

動線計画(洗たく・そうじ)

動線計画(洗たく・そうじ)

 

5. くつろぎ動線

動線計画(くつろぎ)

動線計画(くつろぎ)

 

6. 入浴動線

動線計画(入浴)

動線計画(入浴)

 

7. 外出・帰宅動線

動線計画(外出・帰宅)

動線計画(外出・帰宅)

 

これらの動線を一つにまとめ、住まい手とそのご家族様のライフスタイルに合わせて提案させて頂きます。

外構・植栽 – 家の外も考える。(豊かなモノは外から入ってくる。)

外構・植栽「あだちの家」は標準仕様の中に外構・植栽工事も入っています。それは住まいに豊かさを取り込む為。

光・風・香り、そして景色など、外から入ってくるモノは、私達の心や体を豊かにしてくれるモノがたくさんあります。私達は外構・植栽工事を、外と住まいを繋ぐために必要不可欠なものであり、それにより、住まいも、さらなる快適性や居心地の良さが、向上すると考えています。

「あだちの家」の外構・植栽は、植物や木の1本1本に必ず理由があります。

景観の為や日射遮蔽、プライバシーの確保や町との繋がり方、または玄関までのアプローチの佇まい演出など、住まい手のライフスタイルをくみ取りつつ、町との調和も考え、デザインしていきます。

3. パッシブデザイン

日射遮蔽四季を通じた心地よさでパッシブデザインを少し説明致しましたが、パッシブデザインとは、設備機器などに頼らず、その地域、その土地の自然の恵み「光」・「風」・「熱」をデザインする設計手法のことです。

具体的には敷地の自然環境を把握することから始まります。

1. 自然風の利用

気象データ

その地域の季節ごとや、一日の時間ごとの平均的な風向きデータを元に、建物の風の入り口と出口を決めます。特に夏の夜の風向きは重要です。まわりに建物や山などがあったりするとデータ通りではない場合もあるので必ず現地に出向いて実際に体感します。

2. 日射遮蔽

落葉広葉樹による日射遮蔽

落葉広葉樹による日射遮蔽

年々猛暑日が増え夏の暑さが厳しくなっています。せっかく風通しをよくしても、窓から日射熱が直接入ってくるようでは温風にしかなりません。そこで夏に大切になってくるのが日射遮蔽。

日射遮蔽の方法は住まいの形状や敷地の周辺環境によって異なりますが、基本は夏季の直射を遮り、反射により室内に光を取り込む設計を検討します。

3. 日射熱の利用

日射熱の利用夏は直射を遮ることを検討すると言いましたが、冬ではどれだけ直射で熱を取り込められるかを検討します。

この矛盾を解決することがパッシブデザインの基本とも言えるでしょう。

方法はいろいろありますが、一つ例を上げると、夏と冬の太陽高度差を利用することなどがあります。夏至の日射角度は78度、冬至の日射角度は32度と何と46度も差があります。

夏の直射を防ぐ場所まで軒先を伸ばし、高度が下がってくる冬は直射をふんだんに取り込む。これを実行するだけでも住まいの快適性はかなり向上すると思います。

4. 断熱性能の検討

そしてパッシブデザインの中で、最も大切なことが快適な温度を室内に保つこと、つまり断熱性能です。

断熱性能の比較

断熱性能の比較(クリックで拡大)

断熱性能の良し悪しは、住まい手の快適性・健康・生活費など住まい手の生活ほとんどに関わってきます。夏はエアコンで冷えた空気を逃がさず冷房費を抑える、冬も昼間に溜めこんだ熱を夜まで保つことで暖房費を抑える。快適な生活をしながら更に光熱費も抑えるためには断熱の性能を上げることは欠かせません。

近年では高断熱化が健康に良いという調査結果も発表されました。

高断熱による健康改善

現在のエコポイント基準(次世代省エネルギー基準)である等級4を境にアレルギーなどの症状が改善されているのが良く分かります。

次世代省エネルギー基準は2020年迄に義務化されることが発表されているので、最低でも、これ以上の高断熱化は必要です。

4. ライフデザイン

自分らしい生き方

ライフデザインとは住まい手が、主体性と創造性をもって経済的にも健康的にも豊かな生涯の生活設計を描き、基本的な自分らしい生き方を実現させていくこと。つまり、生活設計・人生設計のことです。

家族の変化年表

家族の変化年表

ファイナンシャルプランナー(FP)は、経済面(主に資金計画)のアドバイスをしますが、私達は家づくりの専門家です。住まい手の生活の基点となる住まいそのものに、住まい手の生活設計を反映させる設計やアドバイスをさせて頂きます。

私たちは、数年間にわたってライフデザインを研究し、住まい手の生涯全体を考える「時間軸設計」や、いかなる生活変化にも対応出来る「生活変化対応住宅」を開発しました。これにより、「あだちの家」は長期的に住まい手の生活面をサポートさせていただけることを可能とします。

住まいの家計簿

住まいの家計簿(抜粋)

「人よりも長生きする家」だから出来る、時間軸設計

「あだちの家」の基本コンセプトは「住まい手とそのご家族の一生を幸せに」、その為に必要なことの一つがこの時間軸を考えること。

長く愛着を持って暮らして頂けるように、「あだちの家」は時間軸を大きく4つに分けて設計しています。それが「子育て生活」・「成長期生活」・「家族独立生活」・「夫婦生活」です。

子育て中心生活(平均10年程度)

子育て中心生活

子育て中心生活

現時点の基本設計であり、住まい手も一番想像しやすいのがこの時期だと思います。お子様がまだ小さいため、家族全体で行動することが多いので、快適子育て動線であることが理想だと考えます。またご夫婦ともに、20代後半~40代前半ぐらいと一番動ける年齢なので趣味も多彩である方が多く、一番住まいに機能が求められる時期がこの子育て中心生活です。

 

お子様成長期生活(平均10年程度)

お子様成長期生活

お子様成長期生活

この時期は、お子様が中学生以上となり、少しずつ自立心が芽生え、プライベートの時間が生まれてくるころです。当然一人で考えたくなることもあると思います。

同時に、ご家族個々の生活パターンが出来始め、ご家族全体で行動する時間は少なくなってきます。この時期は、少ない時間の中で、出来るだけ家族間のコミュニケーションが取れるような間取りが必要になってきます。ご家族個々の生活動線の重なる部分を出来るだけ増やせるように、最初からプランニングに組み込んでおく設計力が私達プロに求められます。

家族独立型生活(平均5年程度)

家族独立型生活

家族独立型生活

お子様も成人され、一人一人が独立し、ご家族個々の生活スタイルが確立されます。

ご家族が、別々の仕事や趣味を持っているため、一番物が増えるのもこの時期でしょう。ご家族が全員同居されている場合は、車の台数も増えてしまいます。ただ期間的にも平均5年程度と、一番短い時期でもあるため、増築リフォームなどは将来を慎重に考えられて決められた方がいいと思います。安価な外収納などを新たに設置して、この時期を過ごすのも一つの方法だと思います。私達はこの時期も、出来る限り住まいの中だけで、収納出来るような方法を検討して設計する必要があります。

夫婦生活(平均25年)

夫婦生活

夫婦生活

お子様に新しいご家族が増え、新たな生活をスタートしたと同時に始まるのが、この第3の人生とも言える、夫婦生活スタイル。

お施主様の一生の中で一番長い期間であり、いままでの生活スタイルの中では一番変化が大きいのがこの夫婦生活。

2世帯同居や移住・住み替えなどの選択が無い場合、子育て中心生活のみを考えて建てられた住まいだと、大変住み心地が悪い住まいとなってしまいます。

子育て中心の間取りのため、お仕事中心の生活だったご主人や奥様の部屋は寝室以外にはなかったり、2Fにある子供部屋は、将来を考えれば物置化する可能性が高いなど理由は沢山あります。おまけに、ここで大幅なリフォームなどをしてしまうと、せっかく老後の為に貯めた資金などに手を出してしまうことも起きかねません。

残りの長い人生を快適過ごそうと思えば多少のリフォームは必要かもしれませんが、やはり、出来る限り費用を最小限に抑えるように、新築時に夫婦生活まで検討した方が、私達は良いと考えます。

例えば、玄関からLDKへ入る入口はダイニング付近に設置にしておけば、日当たりの良いリビングに壁を設置するだけで、そのまま個室として使えるなど方法はいくつかあります。

 

このように、「一生」を考えて作られた住まいと、「今だけ」を考えて作られた住まいでは、将来の自分の生活や環境、またはコストにまで大きな差が出てくるのです。

「あだちの家」は、「人よりも長生きする家」、だからこそ可能ことがこの時間軸設計です。

時間軸設計を可能とした「生活変化対応住宅」

従来の木造住宅は、住まいの中の壁に「取れない壁(耐力壁)」が存在します。つまり、完成したら間取りを変えることは出来ません。あだちの家が提唱する生活変化対応住宅とは、その名の通り、住まい手のライフスタイルの変化に対応できる住まいです。商業ビルやマンションでよく見かけるスケルトン・インフィルと、あだちの家独自の「天床先貼り工法」を併用することによって、木造住宅でも実現した生活変化対応住宅は、従来のリフォームと比べて気軽に間取りを変更することができます。

天床先貼り工法

天床先貼り工法

天床先貼り工法

足立建築の天床先貼り工法では、天井と床を張った後に壁を張ります。なので、リフォー ムで壁を取り外すときにも必要最小限の作業ですみます。

一般的な施工では、壁を張ってから天井と床を張っていきます。すると、将来リフォーム するときに広い範囲を壊さないといけません。材料費も人件費もかさんでしまいます。


新築

生活変化対応住宅 新築

新築

1階に子ども部屋2室と主寝室などのプライベートルームをレイアウトし、見晴らしのいい2階にLDKを中心としたファミリールームをレイアウトしたプラン。2階はワンルーム感覚で、親子のコミュニケーションを育むスペースとしています。

下矢印

25年後

生活変化対応住宅 25年後

25年後

子供たちの独立を機に、夫婦中心の暮らし方に空間のレイアウトを変更。主寝室を広くとり、1階のホールにピアノ教室用のスペースを。2階はリビングを柔軟に区切れるようにし、お友達などの来客・宿泊にも対応できるゆとりあるプランに。

下矢印

50年後

生活変化対応住宅 50年後

50年後

もとの住まい手が田舎に引っ越し、代わって新たな住まい手が夫婦と子ども3人の暮らしを始めるプラン。夫婦の主寝室を2階LDK脇に設け、1階には3人それぞれに子ども部屋も確保しています。


ライフサイクルコストで考える。

ライフサイクルコスト

ライフサイクルコストとは、建物の建築から廃棄(解体)までに必要となるコストのことです。人間で言えば、一生涯のうちに必要となるお金のことです。

住まい手は、建物のコストを考える時、建築費(イニシャルコスト)のみを対象に判断しがちですが、建物の生涯を考えてみれば建築費は氷山の一角であることが分かります。実は、保全費や修繕費、なかでも光熱費が大きな割合を占めているのです。

「あだちの家」は、住まいの性能の見える化を進め、性能の違いにより掛かる光熱費などの差額算出も可能にいたしました(住まいの家計簿)。これにより、ライフサイクル全体でのコスト比較が検証できます。

「あだちの家」は建て逃げみたいな建設費(イニシャルコスト)のみでの提案は致しません。将来まで、長く愛着を持って暮らして頂けるよう、必ず、ライフサイクルコスト全体で検討し、本当に住まい手の為になる提案をさせていただきます。

ライフサイクルコスト計算します。

このようなグラフで算出します。

ライフプランニングします。

住まいのライフサイクルコスト全体の算出が終われば、次は住まい手のライフサイクルコスト(住生活全体)の資金計画に移ります。

一般的な工務店などの資金相談は、住宅ローンが借りられるかどうか、いくら借りられるかという話に終始してしまうことも多いもの。

あだちの家では、住宅ローンや各種保険の経験豊富なファイナンシャル・プランナーと資金計画相談、ライフプラン相談をさせて頂きます。もちろん無料です。

そして、ライフプランアドバイスの一番の凄さは、一生涯にかかるお金を俯瞰的に見られるようになることでしょう。

生涯収入、住宅ローン、生命保険、火災保険に地震保険などなどをプロフェッショナルな視点で見るといろいろなことが分かってきます。

たとえば、生命保険を見直して浮いたお金を住宅ローンの返済に充てることを考えたり、初期費用が少し上がっても性能の良い家にして火災保険や地震保険をそれ以上に安く抑えたり。さらに「あだちの家」には、「住まいの家計簿」がありますから、より正確な資金計画(住生活全体)を立てられるでしょう。

資料請求ボタン
あだちの家とは。
あだちの家の家づくり。
あだちの家は約束します。
施工事例ボタン
あだちの家が建つまでの流れ。
あだちの家の住宅講座ボタン
加盟団体