「あだちの家。」とは?

住まい手とそのご家族の一生を幸せに・・・それが「あだちの家」の根源

「あだちの家」とは? 家の良し悪しは、住まい手の一生に大きく影響します。

それは、快適性・健康性・生活動線・デザイン、そして耐震性。いろいろな要素の小さな積み重ね。

小さな「不満」の積み重ねで生活する家と、小さな「満足」の積み重ねで生活する家とでは、一生の「幸福度」は大きく変わってきます。

家は、住まい手と共に一生を過ごします。私たちはその責任を真剣に受け止め、「住まい手とそのご家族の一生を幸せに」を基本コンセプトとしました。

住まいに関わる全てにおいて細部までこだわり、住まい手の生涯の中で、一つでも多く、「小さな幸せ」を増やすような家づくりを住まい手と共に実践していく・・・それが「あだちの家」です。

1. 人よりも長生きする家

住まい手とそのご家族の一生を幸せに・・・そのために考えること。

人よりも長生きする家「住まい手とそのご家族の一生を幸せに」となれば、家は「人よりも長生きする家」でなくてはなりません。それは、一つ一つの「小さな幸せ」の積み重ねと同じように、一つ一つの「小さな性能」の積み重ねにより生まれるモノ。

私達足立建築は、会社発足時より、ぶれることなく、この「理想の木の住まい」を追求してきました。そして、その集大成が「人よりも長生きする家」を可能にした、「あだちの家」の性能です。

「あだちの家」は、住まい手が長く飽きないデザイン性、住まい手の生活変化に対応出来る可変性、長く快適に生活出来る環境性能、長く住まいを劣化させない為の構造性能、将来、住まい手の経済的負担にならない資産価値の証明など、住まい手の、住生活全体を長期的にサポートできる性能を高いレベルでまとめた住まいです。

2. 四季を通じた心地よさ

四季を通じた心地よさ・・・「光」・「風」・「熱」をデザインする。

パッシブデザインあだちの家のプランニングは、すべてパッシブデザインを基本においています。人の感覚でいちばん敏感に感じることのひとつが「暑さ」「寒さ」です。

パッシブデザインとは、設備機器などに頼らず、その地域、その土地の自然の恵みである「光」・「風」・「熱」をデザインする設計手法のことです。

夏は熱い日差しを遮り心地よい風が家の中を吹き抜ける。冬は太陽の熱をできるだけ多く取り込み、そして取り込んだ熱を逃さない。これを実践することにより、「夏涼しく」「冬暖かい」という本当の快適性を実現することができます。

パッシブデザインは、電気代や灯油代が上がっても、エアコンが故障しても一年を通じて快適性が損なわれることはありません。そこに自然があるかぎり・・・。

3. 長く愛着の湧く住まい

なんとなくから始まる「居心地のいい空間」

長く愛着の湧く住まい長く住まうためには、住まい手自身とそのご家族が愛着を持てる家にすることがとても大切です。そのために、私たちは「なんとなく」を大事にします。

家づくりにはさまざまな専門知識が必要です。その中で、一般の方が自分の思い描いている夢やかたちを業者へ的確に伝えることは、とても難しいことだと思います。

だからこそ、「なんとなく」が大事になってくるのです。

「なんとなくかわいい家にしたい」とか、「なんとなくこんな感じにしたい」とか、「この動線、なんとなく過ごしやすそう」とか、お客様がぼやっと思い描いていることを明確なかたちにしてご提案するのが私たちプロの仕事。

できるだけたくさんの「なんとなく」を私たちにお聞かせください。お客様が感覚的に求めていることを、「居心地のいい空間」に変えて、私達は提案します。

資料請求ボタン
あだちの家とは。
あだちの家の家づくり。
あだちの家は約束します。
施工事例ボタン
あだちの家が建つまでの流れ。
あだちの家の住宅講座ボタン
加盟団体